きまま Handmade日記

布・お菓子・パン等ハンドメイド関連の雑記です。


昨日のNHK教育・美の壷のテーマは切子でした。
切子はガラスをカットした涼やかな美しい物で、
江戸切子や薩摩切子が有名です。
詳しくはコチラ

その昔、滅多に行かない日本橋のデパートで、
薩摩切子を見かけ、何故か引き付けられ、足を止め
見とれてたことがありました。
珍しく男性店員(社員)が「どうです?美しいでしょー」と
話しかけてきたのを、まざまざと思い出します。
その当時の私でも、がんばれば買える金額では
あったけど、私の元に来る事はなかった。

その後、いろ被せガラスを見ても引き付けられる物に
出会わないから、あれはあの方が気合を入れて
仕入れたものだったのかもしれないなぁと
今回のTVを見て思った。

というのは薩摩切子は江戸時代末期に20年ほど作られ、
その後途絶えてたものが、20年ほど前から
復元されるようになったそうです。
たぶん復元され始めたばかりの頃だったのだと思う。

あんなに細かくカットされた美しい輝きの物は
あれ以来見かけない・・・。
人との出会い 物との出会い、まさに一期一会で
そのとき限りのことはあるわけで、大切にしないと。

でも手元にないからこそ、美しさやあの社員の方との
やりとりの一場面までもが、心に残ってるのかもしれません。

コメント
一期一会
こんばんは

私もそうして人や物と出会って来ました。
手元にないからこそ…
読ませていただいてチョッと切なくなりました。
2006/07/08(土) 20:06:29 | |1736 #-[ 編集]
1736さん
こんにちは(*^_^*)
フリーという立場で仕事をしてた時は特に、この言葉を肝に銘じてました。

切なくなっていただくような事ではないのですが^_^;、
入手してしまうと興味が薄れる なーんて、私の場合ありがちなんですよね。
2006/07/09(日) 10:06:00 | |masumi #pYETyF7Q[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://msnuno.blog48.fc2.com/tb.php/76-6db9ad9d
トラックバック