きまま Handmade日記

布・お菓子・パン等ハンドメイド関連の雑記です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の美の壷は、建具がテーマでした。
最近の障子とかは、工業化して作られてるのかと
思っていましたが、そんなことはない世界が、
ちゃんと存在してるのですね。

でも、畳や障子が無い新築住宅も増えてるし、
職人さんの数も減ってるのでしょうね。
障子と一口に言って片付けられないような、
芸術の域に達してる、組子という技法が紹介されてました。

そういえば前に住んでた家にも、床の間の横に、
結構凝った障子が、はまってた気がします。
今住んでる家にも、こんなのがありました。
P2030667a1.jpg
これも職人ワザですよね~。
あんまり よーく見たこともなかったけれど(^_^;)。
欄間とかも、興味がないと、しげしげと見たりは
しないものですよね。

下半分を上に上げるとガラスになる、
雪見障子というのも、この家にはあります。
でも、こういうのは、座卓を置いて畳に座ってこそ
生きるもので、畳にソファーを置いてるようじゃ
ダメなんでしょうね~~。

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://msnuno.blog48.fc2.com/tb.php/159-eca397bf
トラックバック
『建具』 建築辞典
建具建具(たてぐ)は、建築物の開口部 (建築)|開口部に設けられる開閉機能を持つ仕切り。おもに壁(外周壁や間仕切壁)の開口部に取り付けられて扉や窓として用いられることが多い。用途は、出入口、通風口、採光、遮音、防犯など多岐にわたり、それぞれさまざまなタイプの
2007/02/14(水) 17:17:01 | 建築辞典
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。