きまま Handmade日記

布・お菓子・パン等ハンドメイド関連の雑記です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣家で外壁塗装が行われてて、体調に悪影響を及ぼすので
避難を兼ねておにぎり持参で、又ちょっと海方面へドライブ。

そういえば今東京タワーも塗り替えがされてて、
従来の塗料・揮発性有機溶剤が光化学スモッグの原因になるので
VOC(揮発性有機化合物)の少ない物に変更されてるそうです。

今年はいつまでも寒いのに、いつのまにやら春は
やって来てたのですね~。
満開の梅の花と広大な菜の花畑。
P3270141b.jpg

P3270144a.jpg
そしてほんの小さな砂浜でしたが、早くも子供達は素足で潮干狩り。
P3270142ab.jpg

私はウールのロングカーデを着てても寒かったのですが、
裸足になって嬉しそうに駆け出していく姿を見ると
ほのぼのっとした気分になります。
元気でいいな~。
スポンサーサイト

衣替えの季節ですし、コートを創生水クリーニング
(石油系の溶剤を使わず水のみで汚れを落とすので
とても安心)に出して、
ちょっと足をのばして山の中までドライブ。
一人の運転だし、たまに長く走ると疲れるんですよね~^_^;

加美 道の駅には、こんな花台を売ってました。
P32501351.jpg
日曜大工をされる方なら簡単に作ってしまえるのでしょうか?
これが3000円なんてちょっとビックリ。
置く場所もないので買いませんでしたが。

そしてこんなケーキ発見(^^♪
P3260139ab.jpg
近くのそらまめ農場さんのです。
自分達で育てている鶏の卵や自家製ジャム、
他の材料にもこだわってパンやケーキを作られてます。
下調べをしてなくて、お店の場所を発見出来ず残念。
まぁ、そんなに買いこんでも食べられないですしね^_^;
このパウンドケーキは真空パックされてて、4月13日まで日持ちします。
ちゃんとティーセッティングしていただきたいなぁ。

そしてここの地は杉原和紙の産地として昔は栄えたそうです。
手漉き和紙の体験も予約すれば出来るようです。
原料が干されてました。
P32501361.jpg
紙すきもやってみたことないので、挑戦してみたいです。
確かこのあたりの小学校は、自分達で漉いた紙を使った
卒業証書だと聞いたことがあるような。
思い出に残っていいですね。

オーガニックコットンって自分が身に着けてみて、
ホント肌ストレスを感じません。
これって私が特に敏感だからというわけではなく、
アレルギーのある方なら、いやそうでない方にも
分かっていただけると思います。

家庭用ミシンなのでカットソー物は難しいかな~と
思いつつ、縫い手順を変えたり、素材別にパターンを
変えてみたり試行錯誤で何枚か自分のを縫ってみました。

一枚は一年ほど前に縫って何度も洗ってみたりしてて、
やっと商品にしても大丈夫と思えるように出来ました。
3本ロックミシンなので既製品とそんなに変わらない
と思います。

よかったらショップカタログの一番下の方を
覗いて見てください。こちらです。
画像をクリックして詳細を見てみてくださいね。

といっても、いつも写真がうまく撮れなくて
布ってモアレのように写ったり、柔らかな質感を感じとって
もらえるようにはいかなくて、、、難しいものです。

特にビーズ刺しゅうに興味があるわけではなかったけど、
なんとなく見ていた番組でこの方を見たときは、
エッこの人がこの作品を刺してるの~と目が釘づけ状態に。
ステキなんですよね。ビジュアル的にも。 田川啓二さん
http://www.tagawakeiji.com/profile/profile.html
オートクチュールドレスのビーズ刺しゅうデザイナーで、
作品は繊細かつ大胆。
オーガンジーやチュールの柔らかな素材に手で一つ一つ刺していく
のだから気が遠くなりそうな作業ですよね。

ビーズつながりというわけでもないですが、
少し前にはまっていたビーズで作った置物の一つのテディベア。

P3140105.jpg
ミシン糸と比べると小ささがわかっていただけると思います。
4ミリのスワロフスキービーズを100個以上使い
結構大変でした。

スワロフスキーはビーズ好きの方には有名ですが、
興味ない方には全く聞きなれない名前かもしれません。
スワロフスキー社はオーストリアに本社があり、
クリスタル・カット・ストーンを製造する会社です。
ここの小さな置物も、とても美しく心奪われます。

実はこの前見かけた、ここの会社のくまの置物、欲しいのです~。
物欲ってどうしてなくならないんだろ?



この前やっと一つ咲いて今は三つになってます。
シクラメンってクリスマスやお正月頃きれいに咲くって
イメージだしーと調べてみたら、開花期は11月~4月になってました。
蕾が後5個ほどついてるけど、これからあっという間に
咲いてくれるのかなぁ。
遅咲きもいいとこですね。

昨日の世界ウルルン滞在記は<ポーランドの
おふくろの味はチーズケーキ>という内容だった。
マーガリンを使っていたのと、卵白を別立てにしたのを
手で混ぜ込んでたのにはビックリ。
この方が気泡が消えず、やさしく混ぜ込めるんだとか。
今度やってみようかな。
あの中に手を突っ込むと、なんだか気持ち良さそうな気もする。

絞りたてのミルクを自宅で発酵させたフレッシュチーズは
酸味があるって言ってたけど、食べてみたいなぁ。

最近私がよく作ってるのはコレです。

P2270079ab.jpg
底にパイ生地もしかないし、超お手軽で簡単でおいしいです。
クリームチーズ150g 生クリーム120cc 牛乳10cc
卵1個 砂糖50g 小麦粉30cc弱
この分量で0.5斤のパウンド型・5~6人分です。
濃厚なので小さめの一切で満足(^^)

全部をフードプロセッサーかミキサーでガーっと
とにかく混ぜに混ぜてなめらかにします。
型に半分流しいれて、レーズンを散らし、
残りを入れて、170℃で45分ぐらい焼きます。

焼き上がりは型から出るぐらいに膨らみますが、
ヒュルヒュルと縮みます。
型のまま冷まして、一晩冷蔵庫で寝かして出来上がり。

昨日のTVでは、男性は痩せてたけど女性はみんな恰幅が
よかったみたい。
やっぱ、カロリー高そうだし食べすぎは禁物ってこと
ですかね~(^_^;)


ここの地に越して来て始めて知ったのですが、いかなごの
くぎ煮は春の風物詩とも言われ、各家庭で大量に作り、
遠くの親戚やお友達に送ったりする方も多いそう。

少女子(こうなご)(地方によって呼び名が違うそうですが)を
お醤油・砂糖・みりん・酒・しょうが・実山椒(お好み)
で煮る甘辛味です。
出来上がりが、さびた釘のようだから、釘煮って
まんまですね^_^;

ウチは親戚のおじさん(と言っても80過ぎのご高齢です)が
大量に炊くのを最近いただくようになり、
年季の入ったこのお味が、売ってるのとは違い美味しいのです。
カルシウム豊富だし、ホカホカご飯のおともにピッタリです

この時期から4月末頃まで、ちょっとずつ魚が大きくなって
出てきますが、私は最初の小さいのが柔らかくて
一番好きです。

 

明日 3月7日火曜日夜9:15~NHKプロジェクトXの
後に始まった<プロフェッショナル仕事の流儀>という
番組が放送される。

今回取り上げられるのは左官職人の挟土秀平さん。
最近は左官職人さんの出番が少ない新築の建物が多い中、
この方は全国いや世界を仕事で飛び回られてるそうだ。

無垢の木や土壁など自然素材で作られた空間にいると、
とても気持ちよく、心落ち着いた感覚になる。

挟土さんって、どんな方なんだろうと、少し調べてみてたら
飛騨高山テディベアミュージアム  
ここの壁塗りもされたそう。

築140年の古民家を再生して作られたテディベアミュージアム。
な・な・なんと 私の好みが二つも揃ってるではないですか。
こんな場所があったなんて、知りませんでした(^^)。
たくさんのテディベアが見られるとこって、少ないんですよね。
いいなぁ ここ。遠いのですぐには行けそうもないけど。。。

この場所は番組の放送とは関係ないと思うけど、
見逃さないよう録画予約をしておこう。

P3030087ab.jpg

ちょっと探し物があって、めったに利用しない駅近くにデパートに
行ったら、目的地にまっしぐらのはずが、通りかかった洋食器売り場に吸い寄せられてしまいました^_^;

輸入食器は好きで一時はまっていたのですが、
最近はあまり見なくなっていました。

ここのワイルドストロベリーのシリーズは有名ですが、
2004年にロンドンベアシリーズが出ていたんですね。
http://www.wedgwood.jp/new/news/041202a2.html

店頭に飾られていて、写真のポストカードが積んであり1枚
頂いてきました ラッキー。
ホワイトデーが近いから? 卒業・入学のお祝い品かな?

くま物には目が無いけど、自分で使うにはちょっと照れるな~。
ここのピーターラビットのマグカップは、
ずっと愛用してるんですけどね^_^;

食べ物ネタばかりだなーと思いつつ
やっぱりオヤツ。
P2190068ab.jpg

手軽なおやつは、ワンボールで出来るのに限ります。
だから卵白と卵黄を別立てにするような物は、
あんまり作らないんですけどね^_^;

これはオレンジといっても甘夏入り。
甘みもうんと減らして、ほのかな苦味がたまりませんな~

膨らみも私は添加物の一種のベーキングパウダーを
あまり使いたくないので、アルミニウム無しのベーキングパウダーと
重曹を、半々ぐらいでほんのちょっぴり使います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。