きまま Handmade日記

布・お菓子・パン等ハンドメイド関連の雑記です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ巨匠の宮崎駿さんが、自分の存在価値
存在意義のある仕事をしたいと、常に思っていると
話しておられた。

あれだけの人を引き付ける立派な仕事をされる方
だからこその、考え方なのだろうか。
誰でもそんなふうに考えて、日々の仕事や生活を
しているのか。

私のような凡人は、ただ存在してるだけで意味があると
思い込もうとしてる自分に、フト気づいたりするんですけどね。

三鷹の森ジブリ美術館は今でも入場制限というか、
予約制なんですね。
開館当初だけかと思って調べてみたら、違ってました。
ここも、行ってみたいな~の場所のひとつです。
スポンサーサイト



木次乳業さんのプリンです。
春から夏場にかけては生産されない、季節限定品で、
日持ちしません。
週一回だけ食材宅配で届くお楽しみおやつです

生クリームがトローリ軟らかくホイップされてて、
甘さ控え目、プリンも濃厚過ぎないとこが
お気に入りで、やめられません。
ただいま、体重増加中(ーー;)
原材料は生乳・有精卵・生クリーム・ビートグラニュー糖



この生地は最初、全部全粒粉のレシピでしたが、薄力粉と
混ぜたり割合を変えたりして、これにおちつきました。

中力粉(強力粉)125㏄ (最近有機JASの準強力粉が手に入りません
全粒粉 125㏄ プレーンヨーグルト75㏄ 重曹2.5㏄ 塩少々
を、ざっと混ぜてオリーブ油15㏄を少しずつ加えます。

で、ラップして30分ぐらい寝かせて出来上がり。
伸ばして、生地にオリーブ油を塗って(パリッと仕上がるみたいです)
トマトソース塗って、今回のトッピングは
玉ねぎ・エリンギ・しいたけ(案外おいしい)・フレッシュモッツァレラチーズ
チーズを好まない母もこれだと食べてくれます(^^)

全粒粉のクセはありますが、私は気に入っていてキッシュを作る時も
この生地を使います。
本格的なパイ生地はバターをたくさん使うけど、
これは油分が少ないので、めっちゃヘルシーです(^^)v


テディベア作りに使うモヘアは、アンゴラ山羊の毛織物で、
とても上質で希少な物。
ムダになる部分が少ないよう、毛並みが変にならないように
裁つときにも、とても緊張感を伴うのです。

あんな形にしよう、こんな顔がいいかなと考えながら時折
モヘアを眺めたりスリスリと触ってみたり^_^;
吊るしておいたまま、ずいぶん時間がたってしまいました。
形にしてあげないとね(^^)

と思いながら、頭の中だけで出来上がって時間が過ぎて行くのです。

でも でも<こんな可愛いの再入荷しました>ってお知らせメールを見ると 性懲りも無く、うーん このモヘアを私の手元に~
思ってしまうのです。

P2110039ab2.jpg

新作をHPのSHOPにUPしました。
各画像クリックで、詳細カタログページを御覧いただけます。

ピローケースやパジャマ、もちろんシーツやカバー類も
オーガニックコットンを使うと、いつもよりぐっすり眠れる
ような気がします。

布を切り替えたり、もっと刺しゅうを入れようかとも考えたのですが、
顔にあとが付いてもイヤですし^_^;シンプルにしました。
でも、ちょっと欲張って片面ずつ別素材にしました
一粒で2度おいしいってやつかも(^^)
ワッフル地はデコボコしてるように思われるかもしれませんが、
ハギレで試してみたら、違和感は感じませんでした。

是非この心地よさを味わっていただければと思います。
現品は写真のみですが、少しの枚数オーダー承ります。

先日お買い上げいただいたエプロンを、
こちらのブログで紹介してくださってます。
http://breadnatural.blog7.fc2.com

こんなふうに早速身につけていただいて、写真
まで撮ってもらえるなんて、考えてもみなかった
だけに、感激です(*^_^*)

LaKsmi様 ○様 ありがとうございます。
私も天然酵母パンを毎日食べて、
元気だして製作に励みたいと思います(^^)v

P2120057ab1.jpg

この時期になると、どこの店頭もチョコレート一色で、
なんとなく作りたくなります。
今回はカカオマス87% こんなにビターでオーガニックの物に
初めて出会いました。うれしいな~

ちょっとかじってみたら、ホントめちゃビターでした。
これなら昨日ウルルンで見た、苦味と香りを活かしてリゾットや
ソースに使うというのも分かるなー。

でもケーキだしと思い、お砂糖を多めにしたら思いがけず
甘めに出来てしまいました(^_^;)
でも添えた生クリームは、ずいぶん前に冷凍しておいた
物でお砂糖を入れてなかったようで、丁度よくなりました(^^)

生クリームは泡立てておくと冷凍保存出来ると知って、
挑戦してみたのですが大正解でした。
大抵は一度に(3日ぐらいかけて)食べきってしまうけど、
残ったらこうして保存しておくと、便利ですね~

小学校6年の時の冬季オリンピック。
学校で毎日テレビを見てたんですよね~(^_^;)

よく覚えてないけど、授業1~2時間はつぶしてたと思う。
いや もっとだったかも。いい先生だったな~。
ふつーの公立でしたし、クラスの雰囲気もよく
おきらくな毎日でした(^^)

思えばおおらかな時代だったんですね。
今だったら親達から文句が殺到するような気がする。。。

美術館はいろいろあれど、近代的な建物に対し、
ここはとても特徴があったと記憶してます。
確か明治時代の駅舎を利用したものだそうで、
レンガ壁が重厚でしっとり落ち着いた、雰囲気のいい
場所だったように思う。

画家御自身が是非この場所でと希望され、
実現したバルテュス展が、建物の雰囲気とあいまって
素晴らしかったのが、とても印象に残ってます。

大きな美術館でたくさんの人が集まってると、
とてもじゃないけど、集中して見られない。。。
こぢんまりとしたギャラリーで人もまばらな時間帯に
ひっそり見るのが好きです。

ここのギャラリーは今の展示が終了したら、創建当時の
姿に戻す為の改装工事にはいり、2011年に再開だそうです。

5年後・・・きっと素敵に復元されるであろうその場所に、
足を運んでみたいと思う。

P2060029ab1.jpg

ワンシーズン前のシクラメンを、花が終わった後
捨てるのもかわいそうと思い、日当たりの悪い場所に
プランターを移しておきました。

そして秋になって日当たりのいい場所に移動させて、
最近になって蕾を見つけたものの、ずーーっと変化なく
やっぱり水だけじゃダメよねと、
横にヌカを入れてみたりしてたのですが、
漸く一輪だけ咲きました(*^_^*)

シクラメンの夏越は素人には難しいと、何かで読んだので
葉とのバランスや形は悪いけど、すっごく嬉しいです。
あと二つ蕾があるので咲くといいな~。



これはサクラソウ科のジュリアンっていうお花です。
乾いたなーって頃にお水をあげるだけで、この寒空の中
つぼみをたくさんつけて、次から次へと咲いてくれます。
面倒見の悪い私は、植物を育てるのが下手なのですが、
このお花好きだな~ けなげ~

P1250005-ab2.jpg オーガニックコットンのうさうさ

これはお友達に作りました。
うさっちを作るのは初めてでしたが、ピーターラビット好きの
私としては、楽しい気分で取り組みました(*^_^*)

一番緊張するのは顔作りですが、いつも「可愛がって
もらえますように」って気持ちを込めて作ると、なんとなく
かわいく仕上がるような気がするのですが、どうかな~

顔の表情って見る方向によって変わったり、自分の気持ちに
よっても違ったふうに見えるのが不思議です。

ウチはホシノ天然酵母を使ってホームベーカリーで
焼いてます。
なんといっても、お手軽さが一番で7時間ほうって
おけば焼きあがるのが嬉しいです

それでもその日の湿度によって、練り途中で水を
加えたり少しの面倒はみてあげないと。
そして暑さ・寒さが厳しいと、うまく焼けません。

P1300023ab1.jpg

これも暖房の部屋で焼いたけど、てっぺんが割れてないので
ちょっと膨らみ不足です^^;
ライ麦を10%強混ぜてるのでヘルシーなんだけど、
膨らみにくいんですよね~。

綿や麻どんな布でも作り始める前に、水通し日干しを
するのですが、オーガニックコットンって水をはじいてしまって、
繊維間に水が入っていかないんですよね。

これは何も薬剤加工をしてないので、綿本来の油分が
残っているからこそで、洗濯を繰り返す事で吸水性が
上がっていくんですよね。

そういえば昔、未脱脂の毛糸でカウチンセーターを
編んだとき手がベトッてなったな~。
でもちょっとぐらいの雪や雨だったら、へーき・へーき
っていう感じでした。

最近手芸店のオーガニックコットンの反物の種類も増えて、
減りも少し前に比べると早いみたい。
きっとこの布の持つ心地よさに気づき始めた方達が
多いのでしょうね~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。