きまま Handmade日記

布・お菓子・パン等ハンドメイド関連の雑記です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポポーというのは北米原産だそうです。
初めて見ました 食べました~

こんなのです
相当熟してぶよぶよしてます。


ポポー
中身はこんなの

ポポーカット

 ねっとりとマンゴーみたいな南国系果物のような
食感です。

日本の北の方で育つとは思われないような
不思議な感じでした。
種が多くて・・でも種のまわりが美味しいですっ(^_^;)

11月ももう終わりですね~
紅葉

近くです。
ずいぶん散ってましたが、まだまだきれいです。

やっと先ほど新作をUPしました。
たぶんこれが今年最後かな・・
プレビュー中で明日19時カートオープンです。
良かったら覗いてみてくださいね。

すっごく久しぶりに裏地付のワンピなんてのを縫いました。
切りじつけなんてしちゃったりして 昔は丁寧に作ってたんですよね。
きちんと作る正統派って感じの
こんなのが着たい気分なんです。

スポンサーサイト

昨日まではちょっとだけ涼しかったけど、
(それでも31度とかですけど・・)
また酷暑が戻ってきてしまいました。。

水道料金25万の漏水ですが、
漏水個所は水道屋さんが直ぐに来てくださり
炎天下の中修理し 止まりました。

作業工程の写真を数枚撮り
料金センターに書類を提出しておきますとの事で
その後 
下水道も書類を提出すると減額になりますと言われ
提出し
水道料金等更生決定通知書というハガキが
届きました。

合計額は通常支払の3倍強でした。
25万からはずいぶん減額はされてますが
痛い出費です・・。

水道料金は各自治体によって違いますし
他の市では昨年同月と同じになる市もあるようですが
それに比べるとここの市は・・
そのような事を言ってみても「我々は計算式に則って
出すだけです」と言われると まぁ仕方ないです、、。

ご心配くださった方々 ありがとうございましたm(__)m

以後は時折メーターのとこのパイロットランプを
チェックしていきたいと思います。





水道料金のお知らせはがきが入っていて
いつものようにサッと目を通したら、
なんとそこには25万の文字が!!

自分の目を疑い きっと印刷ミスよね・・なんて
思ってみたものの そんなはずもなく
使用水量増量の為、点検をしてください と書いたお知らせはがきも
一緒に入ってた。

家の中で特にポタポタおちてる事もなく
水漏れしてる気配が無いのだけど、
きっとどこかの配管がいかれ、今も使わない水が流れてしまってるのです。。
古い家だと、こういう信じられないような事が
起こるのね どうしよう~~

にしても 問い合わせてみて「こんな金額支払えませんが」と
言ってみたら「場合によって2分の1だったり4分の1だったり」と
あいまいで とにかく業者を呼んで修理してください とのこと。

ネットで調べてみたら こういう場合減免という制度があり
前年同月と同じになると書いてある市もあるけど
ここの市は、そのあたりの説明がはっきりと書いてない。

4分の1でも結構な金額です。
こんな水道料金とも思えない金額を支払わないとならないのだろうか・・。
ロクなことが起こらないのです




こんな事 書いても仕方ないかなって気もするのですが、
自分の覚書として経緯を。

パソコンは機械なのに、こんなにそれぞれ違いがあるって
(メーカーは個体差って言ってたけど・・)
許されるの?っていうのが正直な気持ちです。

最初はやたらにハードが静かで、最近のはこんなに進化したんだ~って
思ってました。だけどサクサク動く感じは全くありませんでした。
そして2~3時間経ったら何やらすごい音がして
突然熱風を排気し始め・・最初のうちは 少しで静かになっていました。
だけど点検に出す直前は、うるさい!文章が考えられない!
ってぐらいの音でファンが回り続け、電源を落としました。

前に使用してたXPのPCは後ろ側に排気口があり、
割と静かにずっとファンが回ってるって感じで、
熱とかファンの音って気にした事が無いぐらいでした。

それが今のは左手が乗る部分が熱を持ち
左側に排気されるので不快なんですよね。。
そんなのPCを選ぶ上でのチェックポイントに入っていませんでした。

音や熱に関しては主観的な部分も多く
言葉では表現しづらい・・仕様の範囲内と言われてしまえば
そんな気もしてしまう。

調べてみると数年前のN○CのノートPCはそんな書き込みも
目立ちました。

点検・修理に出して ファン部分・他にも異常は認められないが
ファンは交換しますと返答がきました。
私はとにかく調べてもらえば この機械の
修理すべき場所も見つけてもらえるとばかり
思っていたので、全くその返答に納得いきません。

そして「ハードも全くサクサク動かないので調べてください」
「調べましたが異常はありません」

メーカー側は XPは軽自動車で これは大型車だから音がしても
当たり前だと言い出すし!
どんなに説明しても私の言い分は理解してもらえない。

「いったいどうして欲しいんですか?」とまで言われ
私はまるでクレーマーのような扱いだった。
私だって暇じゃないし、いったい何の為に 何の得にもならないような事を
言わなきゃならないんでしょう。

さんざんやり取りしたあげく、「じゃぁ 検証機をお貸ししましょう」となり
元のPCはファンとハードを交換し戻ってきた。
検証機は、最初のと比べとても使い心地が良かった。
「ほら やっぱり違うじゃん」と思ったものの
相手の同意を得られなければ意味がない。

元の自分のはファンの音は静かになったけど、熱がやたらに伝わってきて
おまけに交換したハードがずっと結構な音でカリカリ
うるさくなって戻ってきた(ー_ー)!!
もう面倒になって 中古でもなんでもいいから「検証機に交換して」と
言ってみた。
「そう言われる方もいらっしゃるのですが、会社の資産として登録して
あるのでできません」

とにかく今度はハードがあまりにうるさいから 自分の耳で確認してみてください
と 二台共送り返し、同じですと返答がくるかと思ったら
「確かにこのハードは○メーカーので前のとはメーカーが違うし音もしてます」と
今度は正直に言ってくれたので 納得できましたが
ある人にはカリカリメーカーで、ある人は静かなワケ?
それが普通なの?全く理解できません。
私ももう新しいハードに交換をとも言えず(またうるさかったら意味ないし)
検証機のハードを のせかえてとお願いしました。

「検証機と比べても やたらに熱いのは何故?直してください」 の部分には
何の返答もなく 異常は認められませんの文書と共に
その部分についても解決して戻ってきた。

こんなのを 個体差と言い切る会社ってどうなのかなー
なんだか隠ぺい体質 改めて欲しい。
あっ 話し合いの途中に、新しいのに交換しますという言葉も出ましたが、
それについては一切何の保証もしません だって!
なので、そんな話は受け入れられないと返答しました。

 最初から何の問題もなく気分よく使われてる方も多いんでしょうけど。
それとも 疑問を持ちつつ使ってる方も結構いたりするのかな。
だってY電気の店員さんは「自分も同じメーカーのを
使ってますが結構うるさいですよ」って言ってたし。。

音って あのうるさい電気店で確認のしようがないですものね。
要注意です。

本当に交渉に疲れた一件でした。。

思ったほど支援物資が迅速に届かない・・
広域災害の厳しい現実があります。。

関西のニュースで、こんな支援が行われてるのを
知りました。

阪神大震災の遺族の方たちによる
NPO法人 1・17希望の灯り が<タスキ・プロジェクト>
というのを始められてます。

自分と同じ世代 背丈など大切な友人を
思い浮かべ 今被災地で受け取ったらうれしい物を
考え、一つの袋にギフトのように詰めて
応援メッセージのお手紙に 実名を入れ
まとめて現地に届けてくださるそうです。

本日1回目のトラックが出発しました。

4月7日まで受け付けで今のところ
子供さんへの物が不足してるそうです。

詳しくはこちらでご覧になれます。

http://117kibounoakari.sakura.ne.jp/sblo_files/
117kibounoakari/image/TASUKIPROJECT_20110326.pdf

神戸の震災で 物資の仕分け作業に労力を
奪われた体験からの発想だそうです。

実名を入れて応援メッセージの真心を添える
素敵なアイディアですね。

早く早く 必要な方のところに必要な物が届きますようにと
願うしかできないのですが、
長丁場になりそうな復興への道
私も少しずつですが 長く寄付でのお手伝いを
させていただきたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。